エアコンの化粧カバー取り付け

新築のマンションにエアコンを取り付けることがありますが、それには穴をあける必要があります。木造であればエアコンを取り付ける穴を比較的自由に決めることが出来ますが、鉄筋コンクリートの場合は鉄筋を避けて穴をあけなければなりません。そのため、設計段階から穴の場所がある程度決まっているのです。そのため、エアコンの室内機と室外機のサイズや家具の位置によっては、穴まで一定の距離があることも少なくありません。

そうなってしまうと穴まで配管をつなぐ必要があるので、配管が丸見えになってしまいます。このままでは見苦しくなってしますが、化粧カバーによって隠すことが出来るのです。

エアコンの取り付けには専門業者に工事を依頼するものですが、標準工事に化粧カバーの取り付けは含まれていません。そのため、化粧カバーを取り付ける場合は追加工事となり、追加費用が発生してしまうのです。こちらでは化粧カバーに関する情報を集めましたので、化粧カバー取り付けを検討している方は参考にしてください。

化粧カバーにはどのような意味があるのか

エアコンによっては壁の穴まで距離があることも多く、そうなってしまうと配管をつなげる必要があるのです。こういった場合は配管テープで配管を保護しますが、そのままでは見栄えが悪くなることから化粧カバーを取り付けることもあります。そのほかに化粧カバーにはどういった役割があるのでしょうか。

エアコンは室内機だけでなく室外機とセットで成り立っているため、室外機にも配管をつなげる必要がありますが、配管テープを巻いただけでは日光や雨風によって傷んでしまいます。そして、最終的にはテープが剥がれてしまい、非常に見苦しくなってしまうのです。さらに、一般的な配管テープは白ですので、外壁とマッチしないことも少なくありません。そこで化粧カバーを取り付けることで、見栄えを良くすることが出来るのです

そして、配管がむき出しになってしまうとエアコンの性能にも悪影響を与えるため、エアコンを長持ちさせるためにも化粧カバーは有効的な手段なのです。こういった理由から化粧カバーは検討する価値があるでしょう。

化粧カバー取り付けの注意点

化粧カバーエアコンを購入する方の多くは家電量販店を利用するものでしょう。家電量販店ではエアコンの取り付け工事費用も込みになっていることも多く、すぐに取り付けることが出来ます。しかし、こういった取り付け工事は標準工事となっているため、化粧カバー取り付けは含まれていません。化粧カバーの取り付けはオプションとなっているので、化粧カバーを希望している方はその旨をしっかり伝えるようにしましょう。

そして、化粧カバーは室内機と室外機に取り付けることが出来ますので、どちらに取り付けるのかも伝えてください。正確に伝えていないと室内機のみに化粧カバーが取り付けられることもあるのです。両方に化粧カバーを取り付けたい方は注意してください。

また、化粧カバーはオプションですので追加費用が発生してしまいます。そのため、化粧カバーの取り付けを検討している方は必ず業者に見積りを出してもらいましょう。化粧カバー取り付けは想像以上に費用がかかることもあるのです。

エアコン取り付けで失敗しないために

エアコンは室内機と室外機があり、これによって室内の印象や外観が大きく変化します。特に新築の住宅は見た目にこだわりたくなるため、エアコンの取り付けも慎重に行う必要があるのです。それでは、どのようにしたらセンス良くエアコンを取り付けることが出来るのでしょうか。

エアコンの取り付けには専門業者に工事を依頼するものですが、そこではエアコンをインテリアの一部として考えている業者にお願いしましょう。エアコンを単に設置するだけではどうしても仕上がりが粗くなってしまうものです。

自分で取り付け業者を選ぶのであれば良いのですが、家電量販店で購入した場合は業者を選ぶことが出来ません。そのため、家電量販店で購入した際は業者に自分の希望を明確に伝えましょう。具体的に伝えることで業者も仕事がスムーズになります。そして、化粧カバーを取り付ける場合はカラーの選択も重要です。化粧カバーはカラーのバリエーション豊富ですので、住宅にマッチしたカラーを選びましょう。

取り付け専門業者に依頼しても良い

家電量販店でエアコンを購入した場合、お店の指定した業者でエアコンを取り付けることになりますので、中には希望通りに仕上げてもらえないこともあるのです。そのため、家電量販店以外で購入して、自分で取り付け業者を探すという方法も良いでしょう。

近年はネットショッピングが一般的になっており、エアコンをネットで購入するケースも少なくありません。こういった場合、取り付け費用は含まれていませんので、自分で取付業者を選ぶことになるのです。

インターネット上にはエアコン取り付け業者の見積り比較サイトもあり、そういったサイトであれば複数の業者を比較することが出来るのです。そこで化粧カバーの取り付けを考えているのであれば、追加費用についても確認をしておきましょう。そして、エアコンの取り付け工事によっては水漏れやガス漏れのトラブルが起こることもありますので、保証を設けている業者をおすすめします。保証があれば安心して工事を依頼することが出来ます。

まとめ

エアコンは室内機と室外機をつなぐための配管がありますが、標準工事の場合でしたら配管テープで配管を巻きつけるだけで、見苦しくなってしまいます。そして、室外機の場合は雨風や日光によってダメージを受け、配管テープが剥がれることもあるのです。そのため、オプションで化粧カバーを取り付けることが出来ます。さらに、化粧カバーは豊富なカラーがありますので、壁紙や外壁に合わせたカラーを選ぶことが出来るのです。

そして、化粧カバーの取り付けはオプションですので、業者に依頼する場合はしっかりと伝えるようにしてください。そこでは必ず見積りも出してもらいましょう。

また、家電量販店の場合は取り付け業者が最初から決まっていることも多いので、そこでは必ず希望する工事を伝えましょう。これによって満足出来る取り付けが出来ます。また、ネットショッピングなどでエアコンを購入した場合、取り付け業者を自分で探す必要がありますが、そこでは見積り比較サイトを利用しましょう。